Googleアドセンス ads.txtのアラートの外し方

SEO

やっとグーグルアドセンスの審査に通った~!と思ったら、要注意!という警告が出てたよー。これどうすればいいのー?こわいやん(泣

ハチくん、アドセンス審査合格おめでとうー!せっかくおめでたい感じなのに、早速そんな警告こわいよね。でもちゃんと設定すれば大丈夫だから、今から説明するね

 

 

ads.txt ファイルの問題の修正について

やっとグーグルアドセンスの審査に通った~と思いきや、要注意!という何とも不安をあおる警告が出ました。

グーグルアドセンスの審査の通過時や、アドセンスにログインすると「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」というメッセージが表示されます。

こちらです

 

 

要注意!とかってぎょっとしますよね^^;

ではこのファイル設定をしていきましょう。

このメッセージに対しては、「ads.txt」を設定すれば解決しますので、安心してくださいね。

設定自体はファイルをアップロードするだけで簡単です。済ませておきましょう(数分で終わります)

 

操作手順

では手順を紹介します。

まずは アドセンスにログインすると、以下のように「ads.txtファイルの問題を修正してください」というメッセージが表示されていると思います。

 

そのメッセージのすぐ隣に「今すぐ修正」をクリック!

 

ads.txtファイルのダウンロード

 

ads.txtファイルのダウンロードをします。

ダウンロードをクリック。

ダウンロードのファイルに下のように保存されます。

 

 

ads.txtファイルのアップロード

 

次はサーバーへアクセスします。

Xサーバーを例に解説します。

Xサーバーにログインします

 

ログインの画面にファイルマネージャーというところがありますので、そこをクリック。

*ファイルマネージャーとは

サーバーにファイルをアップロードしたり、サーバー上のファイルを削除したりできる便利なツールのこと

*他のレンタルサーバー(ロリポップやwpxなど)を使っている場合には、そのサーバーのファイルアップロードの仕方をマニュアルなどを参考にしてください。

ここで説明しているような同様のファイルマネージャの機能があると思いますが、なければFTPソフトを使うことになります。

 

ログインしてください。

こんな画面が出ますので、まず青線の「public_html」をクリック。

この時に複数のサイトを持っている場合は、サイトを確認しながら行ってください。

「public_html」を押すと色んなフォルダが沢山でてきます。

フォルダの中に「ads.txt」が入ってないことを確認してください。

 

「アップロード」をクリック

 

 

先ほど保存したads.txtをドラッグしてアップロード

 

 

 

うまくアップロードができたら

写真のようにads.txtが入ってることを確認しましょう。

(この時ファイル名にads.txt以外の余計な数字などがついている場合は、名前の変更により「ads.txt」にしてください)

写真真ん中にあるように、上手くads.txt がアップロードされました!

 

 

 

確認

うまくアップロードされているかの最終確認です。

サイト名の後に「/ads.txt」をつけて検索してみてください。

 

こんな感じでgoogle のIDが表示されていればOKです。

 

いやいや最初はどうなるかと思いましたが、しっかりやってみてください。

頑張って乗り越えていきましょう!

 

アドセンスの第一歩が始まりますよ~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました